注文住宅

スーモカウンターで注文住宅の相談。ハウスメーカーは決まるのか?

こんにちは、シュフえもんです。

実家の所有地が市街化調整区域で、注文住宅を建てるには農地転用の申請が必要です。農地転用の申請には、注文住宅の企画書を提出し、あなたは本当に家を建てられる見込みがありますねってことを証明する必要があることがわかりました。で、注文住宅造りをどこにお願いするかを早急に決めることになったんです。

ハウスメーカーや工務店など候補はいろいろありますが、善し悪しがわかりません。とりあえず住宅展示場で片っ端から話を聞いてみようと思ったら、奥さんから待ったがかかりました。展示場は、二世帯住宅ばかりで参考になるとは思えないから、まずは、スーモカウンターで注文住宅の情報収集をしてみようとのこと。

OK、そうしようってことで、スーモカウンターで注文住宅の情報収集をしてきました。

スーモカウンターで

 

【スーモカウンターに行ってみた】

お家を建てるのに必要な基本情報の説明を受け、住宅の要望を伝えると、10社ほどハウスメーカーをピックアップしてくれました。

 

その中から気になる4社をピックアップ。

 

ハウスメーカーの担当者から実際に話を聞くことになり、アポイントの調整をしてくれました。

 

【スーモカウンターがやってくれること】

・住宅を建てる上での基本情報の説明

・要望にあったハウスメーカーの絞り込み

・ハウスメーカーの担当者とのアポイント調整

 

【スーモカウンターの注意点】

・アンケートの協力依頼には熱心

・すべてのハウスメーカーを網羅しているわけではない

 

奥さんの第1希望のハウスメーカーはスーモカウンターとは提携していなかったので、第1希望のハウスメーカーについてどの程度知っているか、また紹介してくれた会社と比較してどうか、など質問をして担当者の知識レベルのチェックをしました。

 

知識のない担当者から紹介されるハウスメーカーは怖かったので。

 

後日談ですが、紹介してくれたハウスメーカーで1社気に入ったメーカーが見つかりました!

 

【まとめ】

スーモカウンターで基本情報を集めるとスムーズ!

基本を押さえたら後は自分達でも情報の正確性を確かめた方がいい!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です