お金

貧乏生活からの脱出!貯金体質になるために実践した7つのステップ

こんにちは。
ファイナンシャルプランナーのシュフえもんです。

この記事では、「貧乏生活からの脱出!貯金体質になるために実践した7つのステップ」をご紹介します。

お金がない、全然貯まらないという方はたくさんいると思います。
僕自身、2009年4月、貯金はわずか667円しかありませんでした。
でも、貯金体質になるための7つのステップを自ら実践した結果、
2010年3月末に貯金が60万円を突破。

わずか11ヶ月で貯金は約900倍!

それでは貯金体質になるまでに実践したすべてをご紹介します。

1.お金がないのはなぜかを考える

2008年10月、貯金は70万円ありました。
でも、2009年4月末、貯金は667円に減っていました。

たった6ヶ月の間に70万円の貯金はどこに消えたのか?
貯金が減るとはどういうことか?

僕は真剣に考え、わかったことがあります。
それは次の3つです。

①収入-支出>0→お金が貯まる
②収入-支出=0→お金が貯まらない
③収入-支出<0→お金が減る

お金が減るのは、③のように収入よりも支出が多いからです。
貯金は確実に減っていき、この状態がさらに続くと借金が増えます。
お金が貯まらないのは、②のように収入を使いきってしまうからです。
②・③は、お金が貯まりません。

つまり、お金が貯まるのは①のように収入以下で生活することです。

これは当たり前のことです。
でも、実践するのは難しいです。
世の中にはお金を使いたくなる仕掛けがたくさんあるからです。

お金がない・借金がある方はわかっていてもできていないということです。

一方でお金持ちは、①の収入以下で暮らすことを徹底しているので、お金を持っています。

そこで、僕は生活を振り返りました。

就職活動が始まる前、僕の収入はお小遣いとバイト代の2つ。
それまでは、この収入の中で、デートや買い物をしていました。
だから、70万円の貯金を貯めることができました。

就職活動が始まり、バイトに行くのを辞めました。
収入はお小遣いだけになりました。

でも、これまで通りデートは続けました。
そして、就職活動で交通費やカフェ代を使うようになりました。

収入は減ったのに、支出は増えるばかり。

これが貯金がなくなった理由です。

スポンサーリンク

2.お金を貯める目的を持つ

貯金がなくなり、僕はとても焦りました。

就職活動が続けられない・・・ウソです。
デートができないと彼女に怒られる・・・これ、ホント。

「なぜお金を貯めるのか?」を考えたことはありますか?

目的を持つことは何かを達成する上でとても重要なことです。

ポイントはあいまいな目的ではなく明確な目的を持つこと。

(例)
「お金を貯めたい」
「ハネムーンのハワイ旅行のためにお金を貯めたい」

僕の貯金の目的はデート代を確保することでした。

デートができずに彼女に怒られるのが恐かったんです(笑)

3.具体的な目標を持つ

いくらあれば目的が達成できるのでしょうか?

ハネムーンのハワイ旅行に必要なお金はいくらでしょうか?50万円?100万円?

僕はデート代に月いくら使っているのかわかっていませんでした。

4.支出を把握する

お金を何にいくら使っているのか把握しているでしょうか?

お金がないとき、僕はわかっていませんでした。

支出を把握するために、レシートを貰うことから始めました。

レシートを貰い忘れたり、そもそもレシートが貰えなかったりしたときは、携帯のメモ帳にすぐメモをしました。

1ヶ月間レシートを集め、何にいくら使ったのか集計しました。

初めて家計簿をつけたのはこのときです。

5.支出のムダを削る

まず、家計簿でムダな支出を探します。

ポイントは毎月かかる固定費(携帯電話や動画サイトの料金など)から削減することです。

固定費は、契約解除など1度対処するだけで、節約ができます。

つぎに、変動費(食費や交際費など)のムダを探します。

僕の場合、食費がとても高くなっていました。

ラーメンやスタバのフラペチーノ、飲み会にお金を使っていたからです。

そこで、ラーメンと飲み会の回数を減らし、ご飯は家で食べることにしました。

スタバに立ち寄るのはデートのときに変えました。

6.貯金を始める

デート代を確実に確保しないとやばい・・・という危機感から確実に貯金をする方法を考えました。

その結果、次の考え方に辿りつきました。

①収入-支出=貯金→残ったお金を貯金→お金が貯まらない人
②収入-貯金=支出→残ったお金で生活→お金が貯まる人

確実に貯金をするのは簡単です。
収入があったら、まず先に貯金を確保して、残りのお金で生活します。
先取り貯金をすればいいわけです。

僕はこの先取り貯金をデート代に充てることにしました。

しかし、問題が起きました。

お小遣い3万円-デート代5万円=-2万円

そもそもお金が足りなくね?
デート代を節約するか、収入を増やすか。

クレジットカードで延命措置をしながら、アルバイトを探すことにしました。

7.お金を稼ごう

収入を増やす1番手っ取り早い方法は働くことです。
パート・アルバイト、派遣、日雇い、なんでもいいです。

僕はアルバイトを探すことにしました。

デート代を稼ぐために一刻も早く働きたい。

探し始めて2日後、知人に紹介されたバイト先で採用されました。
採用から2日後に初出勤(笑)

そこからは、バイト三昧の日々を送りました。

まとめ:貯金体質になる7つのステップを実践しよう

貯金体質になるまでの7つのステップはいかがだったでしょうか?

①お金がない理由を考える
②お金を貯める目的を持つ
③具体的な金額の目標を持つ
④支出を把握する
⑤支出のムダを削る
⑥貯金を始める
⑦お金を稼ごう

この内容は、大学4年生の僕の実体験を元に書きました。
貯金が667円になったとき、もう何もかも終わったと思っていました。

そこから少しずつ考えたことや本から学んだことを実践したことで、貯金が増えていきました。

貯金があると心にゆとりを持てますよ。